相続の事|都島区京橋で相続・遺言書作成・商業登記・不動産登記なら『松原司法書士事務所』へ|page2

松原司法書士法人

  • 0669264786

    受付時間|9:00~17:00
    休業日 土日祝
    ※事前予約があれば対応可能です

  • お問い合わせ

相続の事

自分の相続対策はいつ頃考えればよいですか?

結論から申し上げますと、「出来るだけ早く」ということになります。 しかし、あまりに早すぎると財産状況が変化するため、ある程度財産状態に見通しが立った時でもよいかもしれません。 我々のような専門家が、相続対策をできるだけ早く行うことを勧めるのは、人間の人生はいつ終わるかわからないことや、高齢になった時に考えようとしていても、その時に認知症等を発生していると対策を講じることが出来なくなることが挙げら...
> 続きはこちら

遺産承継を依頼するメリットは何ですか その1

当事務所でも受任させて頂いております遺産承継業務ですが、大きく2つのメリットをご提供できます。 まず1つは、手続上の事務負担の軽減 もう1つは、納得できる遺産分割 このページでは「手続上の事務負担の軽減」についてお話しします。 相続が発生すると、葬儀の手配、親族への連絡、役所への届出と言った作業に忙殺されることになります。 しかし、それが終わっても相続の手続き自体は終わりではなく、次は財産に...
> 続きはこちら

相続登記をしないでおくとどうなりますか?

不動産の名義変更(相続登記)をせずにいても、罰則を受けるということはありません。しかし、不動産の管理や処分の際に、非常に手間がかかる場合があります。※2019年2月10日追記あり   不動産の所有権に関する登記は、第三者に対して権利を主張するためのものです。つまり法律上強制されているものではなく、相続登記をしなくても罰則はありません。 しかし、相続登記をしていなければ、不動産を売却して...
> 続きはこちら

相続放棄とは何ですか? その2

ご相談に対応していますと、よく相談者から「放棄」という言葉をお聞きします。 例えば、「今回は主人の弟は放棄しているので遺産分割協議は関係ないんじゃないですか?」というようなことです。 しかしながら、「相続放棄」というのは家庭裁判所で行う厳格な手続なので、一般的な会話の中の「父の実家の相続権は放棄するからお兄さんが引きついでね」というものとは全く異なります。 後者のような場合は、相続放棄ではなく...
> 続きはこちら

自分の相続に備えたいのですが

当事務所に相続に関する相談の多くは、相続発生後のものです。 このような場合は、相続人の皆様で話し合いをして頂き、当事務所で粛々と手続を行っていく事しかできない場合がほとんどです。 しかし、ご相談の中には、「生前に一度ご相談に来られていたら・・・」と思うことが多々あるというのもまた事実です。 例えば、 「遺言さえ作っておけば、たくさんの親戚の関与まで必要なかった」 「税理士を交えた相談をしていれば...
> 続きはこちら